本文へスキップ

―変化の激しい「時代」だからこそーBeside Your -ism!

イズム株式会社にご関心のある方は…

〒115-0055 【本部】東京都北区赤羽西1-24-26 ポルトボヌール赤羽 3F
TEL&FAX:03-5948-8021 
E-mail:ism@insight-1966.com













inside your insight !




――「やる時はやる子を育てる!」――

中核事業である学習支援業「進学塾インサイト」ブランドの展開




私が塾生によく伝える言葉に「受験なんて想い出作り!」という「フレーズ」があります。
受験というのは、ある意味において「人生における壁」ではありますが、本来この「壁」に対するスタンスは三者三様であっていいはずです。

何故ならば、「受験」というものは、各人にとっての「進路選択の分岐点」に過ぎないからです。
しかし、将来の「職業選択」や「優秀な仲間との出会い」等を総合的に考えたならばないがしろには出来ないはずです。

それでは、その「分岐点」に対して、どのようなスタンスを取ることが正解なのでしょうか?
「突き抜ける」、「よじ登る」、「逃げる」様々なスタンスがあることでしょう?

が、しかし冷静に考えてみてこの「受験という壁」は皆さんに毎年訪れるものでしょうか?

そこで「受験進学塾」のスタンスとして、とにかくこの「人生の壁=受験」に対して我々は、
「真剣に取り組もう、精一杯ヤリきろう!」というスタンスで
塾生の皆様と「真摯に」向き合います。


僕は、私は「勉強が苦手だから…」「部活動が忙しいから…」「私は馬鹿だから」様々な「弱音」や「言い訳」が貴方の頭をもたげることでしょう?




しかし、そもそも「学問」というものは、厳しくも自分がつまづいてしまった「単元」に
遡って学習し直し
「正しい学習の仕方」を続ければ

たとえ苦手な科目であったとしてもかなりの確率で「きちんとデキル」ようになります。

そして一度「きちんと身に付けた学問」はあなたを「絶対に」裏切りません!

それを続けていくうちに徐々に「勉強自体が楽しく」なり、
「さらに難しいレベルの問題にチャレンジ」したくなったり「他の科目にも関心が出てきたり」します。
よくマラソンランナーが「ランナーズハイ」という表現を使うと思いますが、あれとほぼ変わりはありません!

ある一定の距離までは苦しいのですが、厳寒の中、走り続けていくうちに
「徐々に皮膚の感覚も麻痺(寒いという感覚が低下し)したり、苦しいという状態から徐々に「快感」に変わっていく」という現象です。


インサイトの精鋭講師陣はあなたの「やる気」に働きかけます!

―「意識」が変わると「行動」が変わり、「行動」が変わると「習慣」が変わり、「習慣」が変わると「世界」が変わります!
出された宿題をきとんとこなす、先生のアドバイスに従って勉強してみる、姿勢を正す、何気ないことから始めてみる


経験上成績を向上させるうえで「コツ」となる九か条を定めてみました。

―ジュクチョーの小言九か条―

   心

一カ条:学問を通じて、
「人格」を磨け!「学問」はあなたを裏切らない!
二カ条:月謝を出してくれるご両親に常に「感謝」せよ!
三カ条:向上心のない者は去れ!

   技

四カ条:受験なんて毎年あるわけじゃない、「想い出作り」と思うべし!
五カ条:夢を持て目標「志望校・進路」は明確に!
六カ条:勉強の仕方を常に「点検」せよ(自分よりデキル奴の「やり方」は積極的に盗め!

   体

七カ条:姿勢を正せ!姿勢が悪い人に成績の良い者はいない
八カ条:
生活リズムを整えよ!朝食は必ず摂れ!よく眠れ!
九カ条:
体力をつけろ!脳も体の一部だ!
(2015年6月3日一部加筆・修正)


入口には「ジュクチョーの小言」と共に「東大の赤門」がカッティングされています!

  (ゆくゆくは卒塾生の中から「日本の最高学府」と言われる「東京大学合格者」も出てくれたらいいなという「意味合い」です)

きっと受験生の皆様が受験を終えた頃には、志望校の合格証書と共に私の箴言

―受験なんて想い出作り―」という言葉の意味が身体に染み込まれていることでしょう?



さあ、皆さん!受験という「旅」に出ましょう!



イズム株式会社 代表取締役 兼 塾長 新倉光貴

代表略歴:学校法人佐藤栄学園 埼玉栄高等学校卒業(95年)
明治大学政治経済学部政治学科(2001年卒業)学士:政治学士、在学中は「経営学ゼミナール」にも所属